フリーダイアル0120-491549

レンガ作りの家に外壁調査!

昔にくらべ、さまざまなデザインの建物が建てられています。

使われている素材もずいぶん変わってきました。

そんな建物も10年一昔と数えられるくらいに、劣化もありますし補修工事なども必要になるため先々のことを考慮していなければいけません。その中でもレンガ作りの建物は劣化が進みやすいと言われています。当然、改修工事の頻度がもっとも高くなるのは外壁です。

 

いかに外壁を損傷させないようにするかがポイントになります。さて今の時代、外壁調査する場合、高い費用はかかるのでしょうか。今ネット上では、さまざまなものが提示されていますので参考にしなければなりません。

 

最近では調査の仕方に、赤外線を使った外壁調査が行われているようです。一般的にタイルの外壁の場合赤外線をあてることで、タイルの浮いた箇所やセメント、モルタルが剥がれ水の漏れる可能性のある漏水部分を把握することができます。

 

その鮮明さも精度が高く、外壁の状況を見極めることができます。業者によっては調査の技術が高いところもあり、雨漏りやセメントの剥離まで確認することができるとの報告もあります。

 

今の時代、そんな赤外線のサーモグラフィックによる診断のメリットは、非接触状態で把握できるため離れていても可能なこと。また離れた場所からできることで広範囲な部分を調査できること。従来まで行っていた診断と違い、足場などを組む必要がなくなるため費用的な負担を軽減できるのが特徴です。今、そんな技術をうまく活用され出来る限り低コストで調査されることをおすすめします。